某大手プロダクションに所属する超絶イケメンとママ活したお話@26日目

イケメン!超イケメンじゃった!!😁

これまでの最高記録出たかもしれない😆✨

しかも素人さんではなく、一応アマチュアレベルのモデルじゃと!!

興奮冷めやまないけど、せっかくだから記録しておっくじょ!

 

超イケメンとの出会い

超イケメンとの出会いは出会い系でもマッチングアプリでもなく、相席居酒屋じゃった🤓

最近は相席居酒屋もアプリ化されているらしく、しかもある程度の容姿がないと登録すら許可されないっていうね👩‍🔧

Twitterでもよく広告見るから、連休中にお試しで使って見たんじゃが、これがガチでイケメンしかおらんかった!

イヴイヴ

 

これ、見たこと有るじゃろ?

イヴイヴっていうアプリなんじゃが…

ある程度のイケメン&美女じゃないと登録審査が通らないって言うんで、自分のスペック確認にやってみるのもアリかもね😅

登録するだけならタダみたいだし、ステマっぽくなるからリンクはここだけに置いとくじょ!

イヴイヴ公式アプリはこちら

 

イザ、相席居酒屋へ

で、話は戻るんじゃが😁どんなもんかと思って、ママ活とか一切言わずにフツーに遊び感覚でやってみたんじゃ👾

わたしが行ったのは銀座店の方で、ただでさえリッチっぽい雰囲気がある街なのに店内はかなり凝った作りになってた。

(ここのところガストとか居酒屋デートがメインだったから久しぶりにそれっぽい雰囲気を味わえた気がする🤔。)

豪華なラウンジ相席屋

一緒にいったママ活友さん曰く「最近はこれがスタンダードになりつつ有りますよ」ってことだったから、世界は進歩してるなぁとおっさんみたいなことを言ってた🙃

世の中の進歩な着いてくのは大変じゃな←

そしてなんだかんだ3回転目くらいで、超絶イケメンの二人組と一緒になって意気投合した😙

 

イケメンA「普段は何してるんですかー??」

ゆうきマッマ「ママ活とかしてるよ🙋」

イケメンA「え!?なんすかそれっwパパ活?」

イケメンB「あ、俺それ知ってますよ。女の人が男を買うやつですよね?」

ゆうきマッマ「掻い摘んでいうとそうじゃな😅」

ママ活友「少々誤解のありそうですが🙄」

イケメンA「つか、お前(イケメンB)なんで知ってんだよw」

イケメンB「え、俺やってますもん。たまにおばちゃんと。」

ゆうきマッマ「ほう。詳しく😎」

そのイケメンくん曰くTwitterでママ活っていうものが有るのを知って、ママ活アプリをやってみたらしい。

newママ活アプリ

 

その子から聞いたママ活のやり方がこれ

1,年上のおばさんと知り合って、最初はママ活って言わず会ったりするらしい。

2,イケメンを褒められた辺りで、普段はママ活で食事してお小遣いもらったりしてると告白する。

3,あなた(おばちゃん)は凄くタイプだからプライベートなお付き合いをしたい。

4,でも生活が厳しいのであまり会えないし、リーズナブルお店でデートくらいしか出来ないとションボリしながら伝える。

5,女の人から「ご飯くらい奢るよ(∩´∀`∩)」という言質をとる。

6,楽しい時間を過ごして「また逢いましょう」となったときに最後の勝負をかける。

7,また◎◎さんと遊びに行きたいので、デート費用を稼ぐためにママ活がんばりますね☆

(ここをいかにさり気なくできるかが成功の是非らしい)

8,成功すると「ダメ!ほかの女と会うくらいならわたしが世話してあげるよ!だから他の子とは会わないで!」

kira

で、もしここで思ったような返事がなければ、その後会うことはしないからノーリスクだと😅

なるほどなー・・・って感じだった。

こんなイケメンにそんなこと言われたら、ころっと行っちゃうかもしれん。

 

失敗しても「次はいつ会える?」って連絡きたときに「バイトがパンパンで・・・」とか「今金欠なので・・・」といえば、スルー出来るし上手くいけばご飯奢ってくれたり失敗を挽回できたりするらしい。

イケメンって得だなww

 

モデルは生活費が苦しいもの

とはいえモデルっていっても事務所に入りたてだったり、人気がでるまではなかなか収入面では厳しいみたい😇

その子の入ってるっていう事務所は某大手プロダクションみたいなんじゃが…それでも生活に困るくらいは大変らしい。

現実というのはなかなか厳しいもんじゃ😔

現実は厳しい

 

イケメンA「ゆうきマッマとママ活してぇ~!」

そんな話もされたけど、雑っぽい雰囲気のイケメンは好きじゃないから、まぁこのお店の分なら出してあげるってことにしてお店を出ることにした😏

そこでgoodbye foreverしたつもりだったけど、後日聞いたらイケメンBくんがママ活友達とその後ちゃっかり定期ママ活しているらしい。。

イケメンAくんが「ゆうきマッマと…」って言ってた横でこっそり「僕はC子さんのほうが…」みたいなことを小声で囁いてたらしい😅

Aくんの発言をきいたら自分だけ少し疎外感が生まれるけど、その隙を突くっていうなんとも女心のわかってるイケメンじゃw

いやぁ・・・末恐ろしい。

でも、こういうテクニックというか心遣い?ができる子が、やっぱりママ活でも成功しているんじゃなかろうか。

ママ活プロの犯行

 

まとめ

今回は貴重なママ活のやり方を経験者から聞くことができたから、紹介してみたぞい🤓

わたしはイケメンだからOKとは思わないし、むしろ顔は普通でもちゃんとしたビジョンを持っている子は応援したいって思う🙋

あと、雰囲気とかどんな人かは会ってみないとわからないものだからね👀ネット上だけでママ活して「うまくいかない!」って言っている子は、まず会ってみるっていうのもアリかもしれんの。

その時に今回のやり方を参考にして、女の人との駆け引きを試してみてはどうだろうか😁 ただし…(以下略

 

それじゃー若人諸君。

君たちもママ活にいそしんでくれたまへ!😇

 

newママ活アプリ

 

 

ママ活アプリ